結婚相談所で結婚相手を見つける方法

多くの女性は、結婚を考えはじめた時、まずは好きになれる男性を探そうとする。あるいはすでに誰かに片思いをしていたり、誰かと付き合っていたりするなら、その相手と、どうやったら結婚できるのかを考える。また、ほとんどの恋愛指南書は、目の前の男性に対してどのように対処すべきかが書かれている。

しかし、いくつかの恋愛を経験した女性なら、気づいているかもしれないが、もしあなたが「将来を考えられる男性と付き合いたい」「すんなりと結婚したい」「結婚で妥協したくない」と考えているなら、「好きになった男性とどうするか」ではなく、「どのような男性を好きになるか」こそ重要だ。

実は、男性は皆同じではない。ある男性に効果のある駆け引きも、ある男性には効果がなかったり、逆効果になったりすることもある。ある男性はあなたをもてあそぽうとし、ある男性はあなたとの将来を誠実に考える。

「今、付き合っている彼と結婚できるのか」「どのような相手に、どのような接し方をすると、結婚を決意させられるのか」「どうすれば、遊び目的の男性と、結婚する気のある男性を見分けられるのか」などの女性の悩みに答え、恋愛や結婚に役に立つ、男性を分類する視点を紹介したいと思う。

結婚を真剣に考えている女性には、特にこの分類はとても有用で実践的に違いない。今後どのように行動すれば、「自分の望む結婚」への最短コlスを進めるか、わかるからだ。今は深く結婚を考えていない女性にとっても、自分にアプローチをしてくる男性や、目の前にいる恋人の扱い方、どうしたらその彼とよい関係を築けるかという点がわかり、大いに役に立つだろう。

あなたがある男性を選んだ場合、一生懸命に駆け引きしたり、結婚を決意させようと頑張ったりしても、その努力はほとんど無駄になる。一方、ある男性を選ぶと、何の労力もなく、すんなりと結婚できる。

そのような女性は、「どうして、みんなが結婚するのに苦労するのかわからない」と本気で思っていたりする。なぜ、そのようなことが起きるのか。次に詳しく見る、「結婚を軸にした男の分類」を知れば、その疑問は解け、あなたがどうすべきかがわかるだろう。

「結婚は意識しているが、今は結婚したくない男性」である。彼らの数は最も多く、女性にアプローチをする男性の八割くらいいると僕は予想している。この男性は、付き合う相手に結婚を意識する。ただし、彼らは「いつか誰かと結婚するだろうけれど、今はしたくない」と思っている。

そして、あなたが年を重ねるごとに、このような男性はあなたにアプローチしにくくなるし、あなたを敬遠するようになるだろう。なぜなら、あなたと付き合えば、あなたとの結婚を「今すぐ」考えなければならなくなるからだ。彼らは「少なくとも、今は」結婚したくないので、年齢的にそろそろ結婚したいと考えている女性を選びにくくなるわけだ。

婚活したい女性におすすめ

結婚相談所の正しい入会の仕方

人間は感情の生き物である。しかし、すべての人が同じ数だけ感情を持ち合わせているわけではない。言葉が関係するのかもしれない。名前のつかない感情は存在しないに等しい。言葉を知らなければ、自分の中にある感情は感情として立ち上がってはこない。

そういう場合は、何らかの行動、自分でも欲求の分からない行動が出現する。それを噌癖という。暗癖とは自分の中の抑圧された感情の代わりに現れる行動で、そのことが本人にとってよろしくないのは、本人がその感情の中心にいないで、都合の悪いことから逃げているからである。状況は何も変わらない。

他人の方がよほど正確にその人の感情を把握していることがある。その人の、落ち着かない、しかし決して苦痛そうではない緊張状態に「それは、あなたが今、恋しているからですよ」と教えてあげそうになって、何度口をつぐんだことだろう。

だからといって、言葉を知ると感情が豊かになるかというと必ずしもそうではない。だから、ややこしいのである。恋は、もちろん感情であろう。が、「自分は一度も恋をしたことがない」と言う人と、「自分は今まで恋ばかりしてきた」と言う人の「結婚相談所」が同じ内容であるとは限らない。ちょうど、自分が見ている「赤」という色と、社会で「結婚相談所」と決めている色とが同じかどうかが分からないように。

「結婚相談所」の定義が異なる人同士が「恋」をすると、面倒なことが起こる。恋人同士は週に1回ぐらい会うものだと思っている人と、恋することは1日に数十回連絡を取り合い、毎日会うことだと思っている人とでは、恋愛ができない。そよ風を台風だと思って避難する人と、暴風の中にいなければ生きた心地がしない人のようなものである。

それは、濃度の差ではなく、定義の差である。気質の違いと価値観の違いである。そういう意味では、結婚というものは、恋よりもはるかに容易である。二人がすることが決まっているからである。

結婚は「両性の合意」があればできるという憲法は、日本が戦争に負けたためにできたのだが、何も親が決めた相手といやいや結婚していった日本の女性たちにアメリカ人が同情して決めたことではない。結婚を強制する日本の親が悪いのではなく、好きでもない相手と結婚すること自体が悪い、そういう結婚は神聖な結婚の冒漬である、と戦勝国であるアメリカは考えたのかもしれないとも思う。

「両性の合意」とは「愛し合った者同士の情熱」が何よりも優先されるべきという価値観を指しているのだろう。アメリカ人の祖先たちがイギリスから船に乗ってやってきたのは宗教上の迫害を逃れるためだったのだから、新天地アメリカでは、「宗教」の占めるべき位置を「宗教」に代わって「恋愛」が占めるしかなかった、それ以外に情熱的なものなどなかったからであると指摘したのはエーリッヒ・フロムである。

結婚できない女の理由

仕事の中で、キャリア・アップしていく手がかりがないんです。今のところまだ勤めて一年めということもあるかもしれないけれど、会社に馴れるのがやっとで、家に帰るとすごく疲れるんです。

それを思うと、ダンナが帰る前に炊事、洗濯、家事などする共働きって、考えてしまいます」「もし、好きな人が出来て、仕事辞めてほしいっていったらどうします? 」彼女は即座に答えました。「辞めます」「仕事がどんなにおもしろくても? 」「(考えながら)今の仕事だったら辞めます。私、資格をとろうって思っているんです。

だから、まったく辞めてしまうんじゃなくて、別のことをするだろうと思うんです」今の仕事はいやだ、だけど、何かやっていたいと考える若い女性は多いですね。会社は辞める、だけど何かやる、そう答える女性はニッタさんにかぎりません。「専業主婦になったときの姿が目に浮かぶ」、だから、仕事を手放しはしないと答える人もいるのです。

「結婚して専業主婦になった先輩がいるんですが、まったくだれとも何日も話さない日が続くんですって。買物しても話すことない、電話もない。主人は働いていて社会で情報を得ているのに、自分はなんで? って思うといってました。テレビしか情報を得るものがないんです。

でも だからといって、共働きするのも身体がつらいし、そのへん私も矛盾しているんですけど、どっちがいいのかなあ。むずかしいです。専業主婦も怖いし。世の中から置いていかれるのでないかと思うと」「会社の仕事がおもしろくないから、悩むのかしら」「はっきり言っておもしろくない。疲労ばかり感じて」「会社に行けば友達がいるから楽しいんだけど。

だけど、仕事そのものは、だれがやってもいいようなものだし、同じことの繰り返しで。月に一回はすごく忙しいんです。

新人だから、仕事を覚えなければならないし、まわりの人にも気を使うし、気も働かせなくちゃならないし、かなり疲れるんですよね」結論的にいえば、彼女は仕事に満足していない。

だれがやってもいい仕事、同じことの繰り返し、忙しいときもあるし、気も使わなきゃなんないし、疲れることばかり。この魅力のない仕事を結婚後も続けるなんて彼女が共働きに踏み切れないのは、ここのところなのです。

◇仕事のおもしろさは10年かかってわかるもの

彼女とは別にインタビューした、やはりOL 一年めの総合職のOL は、こんなふうに言っています。「だんだん仕事を覚えてきて、責任をまかされるようになると”足抜け” 出来なくなるんじゃないかって思うんです。それに残業なんかもどんどん増えてきて、仕事にウェイトがかかってくれば、家庭はどうなるんでしょう」

結婚相談所を無料で活用する

考えてみると、女の一生は、年齢に支配されているような気がします。もうトシだから、結婚でもそろそろ 、売れ残ると困るから、一時期”クジスマスーケーキ″ というのがはやって、二十四までは高く売れる、二十五過ぎると買い叩かれるか、大バーゲン、そんな言い方があったものです。冗談じやないですネ、まったく。

それもこれも、出産と結びついた考え方なのでしょう。三十過ぎてのお産はアブナイ、ダウン症などの発生率が高くなる、早く結婚して早くお産して。女は、結婚年齢と初産年齢に追われてしまいます。

もっとトシをとると更年期、ここでもまた否応なくトシを意識させられて 、いつもいつも年齢がニラミをきかしている。古来日本には″長幼の序”というものがあり、年齢を意識する社会なんですね。若い人の婚活バーなんかも、中年まっ只中の私なんぞから見れば、ええっと信じられないほどに、厳しいものがあるようです。

結婚適齢期なんぞという言葉も、そんなものあるの日本だけだっていうし、トシを意識せざるをえない社会、同年齢の者は同じようなことしなきゃならない社会って、息が詰まりそうです。大学だってそうですね。同じような年の子たちだけが集まっている。

違っていても二、三歳のもの、これもトシの管理なんですね。先日、テレビでアメリカ映画「結婚相談所 ランキング」を見ていたら、主人公がこんなセジフをいってました。

「大学に行きたかったけど、働くことにしたよ。大学はいつだって行けるからね」大学はいつだって行ける、ここが日本との大きな違いだ、私は本当に考えさせられたものです。大学の入試制度をはじめ、結婚相談所では″可能性”がいつもあることが社会のモラルなんですね。

日本の場合は、タテマエはいつでも大学へ行けることになってはいるけれど、現実にはいったん社会に出たら、なかなか行けるものではありません。同年齢で集団を作る社会の特質が一番現れているのが”適齢期”つて言葉なんです。

私は、この本を書くために、『結婚相談所に関するアンケート』をしました。相模原市に住む短大生二〇四名が対象です。なぜこの学校に乙たかというのには、さほど大きな理由はなくて、大都市近郊の住宅街にある大学という意味でI平均的な現代娘が揃っているかな、という程度の理由です。ですから、必ずしも全日本の若い娘を代表した意見だとはいえないのですが、それでも一応の目安にはなるでしょう。

その中で、「あなたは何歳くらいで結婚したいと、思いますか」という質問をしてみました。この人生のトバくちにいる彼女たちは、どう答えたでしょうか。結果を見て、私も本当にびっくりしました。なんと、約四分の一の二三パーセントが「二十三歳までに」と答えています。そして約半分の四九ハーセントが「二十四か五歳まで」と答えています。合わせると、七割以上が、二十五歳までに結婚したいのです。